PR

ウーブン・アルファとは?豊田章男の息子が取締役を務める会社の正体

ウーブン・アルファとは 自動車
記事内に広告が含まれています。

トヨタ自動車の掲げる最先端技術の未来。そこにはあまり聞き慣れない「ウーブン・アルファ」と言う言葉が出てきます。

そこで本記事では

・「ウーブン・アルファ」って何?
・社長はどんな人?

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

ウーブン・アルファとは?トヨタ自動車の未来を担う子会社

少しややこしい話ですが、「ウーブン・アルファ」は「トヨタ自動車」の子会社であり、「ウーブン・プラネット・グループ」の一部となります。このグループは、2018年に設立された「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社」の事業をさらに拡大、発展させるために2021年1月に設立されました。

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社出典元:トヨタ自動車

「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社」=「TRI-AD」は「トヨタ自動車」「デンソー」「アイシン」の共同出資によって作られた会社であり自動運転技術の先行開発分野における共同技術開発を目的としています。

ウーブン・プラネット・グループ出典元:日経クロステック

3社共同で作られたこの「TRI-AD」を現在は「ウーブン・プラネット」とし、その下に事業会社である「ウーブン・コア」「ウーブン・アルファ」「ウーブン・キャピタル」が存在していると言う構図になります。

ウーブンシティ出典元:トヨタ自動車

この中でもウーブン・アルファは、自動運転技術、ロボティクス、スマートシティなどの分野で活躍している会社となります。CMでも見かけるスマートシティ「ウーブン・シティ」もウーブン・アルファが手掛けています。

 

スポンサーリンク

 

武者修行!?豊田章男の息子とウーブン・アルファの関係

豊田大輔とウーブン・アルファ出典元:ウーブンバイトヨタ

実はこの「ウーブン・アルファ」代表取締役はトヨタ自動車の会長である豊田章夫さんの一人息子「豊田大輔」さんが就任しています。顔が似ていますね(笑)

豊田章夫出典元:東京新聞

1988年生まれの35歳と言う若い社長です。「ウーブン・アルファ」の社長になった経緯について詳細は明かされていません。しかし、「ウーブン・アルファ」は「トヨタ自動車」の子会社であり「ウーブン・プラネット・グループ」の一部。さらにトヨタ自動車の創業家である章男さんの息子であることを考慮すると大輔さんが取締役に就任したのは、トヨタ自動車の未来における重要な役割を担うためと推測できます。

トヨタ自動車の未来出典元:産経ニュース

未来のトヨタ自動車に必要なものは「トヨタ自動車」ではなく、「ウーブン・アルファ」での先進的な知識・経験が必要だと思い章男さんが送り出した(?)ある意味「武者修行」としての側面があるのかもしれません。

さらに「ウーブン・プラネット」には章男さんが私財を投入していることからも豊田家として強い思いがあることは間違いありません。

カフナー氏は、トヨタの次世代技術開発のカギを握り、豊田社長が私財も投入している子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスCEOを務める、腹心中の腹心だ。また、社長の肝いりの一大事業であるウーブン・シティのマネジメントを仕切るホールディングス傘下の「ウーブン・アルファ」の代表取締役には、社長の長男である豊田大輔氏が就いており、両者は緊密な関係にある。

引用元:ダイアモンドオンライン

 

スポンサーリンク

 

ウーブン・アルファと自動車の未来

自動車の未来出典元:日経

ウーブン・アルファは自動運転技術やスマートシティの分野で新しいモビリティの実現を目指しています。

三菱ふそうトラック・バス株式会社と共同で、自動地図生成プラットフォームを活用した先進運転支援技術の研究。

ウーブン・アルファと三菱ふそう出典元:トヨタ自動車

開発を効率化するプラットフォーム「Arene」や、自動運転に必要な高精度3次元地図の作製や更新を行う「AMP」

AMP出典元:トヨタ自動車

これらの技術は、自動車の「製造」ではなくこれからの自動車の未来において重要な役割を果たすと考えられています。ウーブン・アルファはトヨタの「モビリティカンパニー」としての変革を支える核となる存在です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ウーブン・アルファは、トヨタ自動車の子会社であり、ウーブン・プラネット・グループの一部として、自動運転技術やスマートシティの分野で新しいイノベーションを創出し、安全なモビリティの実現を目指しています。

同社は、三菱ふそうトラック・バス株式会社と共同で、自動地図生成プラットフォームを活用した先進運転支援技術の研究を行っており、商用車の安全性向上に貢献。また、ウーブン・アルファは、トヨタが建設を進めるスマートシティ「ウーブン・シティ」の開発にも関わっています。このプロジェクトは、新技術の実証や導入を目的とした実証都市であり、自動車業界におけるイノベーションの実現に向けた重要なステップとなっています。

ウーブン・アルファの代表取締役は、トヨタ自動車の会長である豊田章男さんの息子の大輔さんが就任しています。35歳の若きリーダーでありながら、トヨタ自動車の未来を担う重要な役割を果たすために、ウーブン・アルファの取締役に就任したと考えられます。大輔さんは、トヨタ自動車の伝統と将来を結ぶ重要なポジションにあり、自動車業界における新たなイノベーションの推進に貢献しています。

スポンサーリンク
自動車
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました