PR

トヨタ佐藤恒治の経歴は?豊田家一族からではなく平社員が社長になれたワケ

佐藤恒治ってどんな人? 自動車
記事内に広告が含まれています。

2023年1月26日、トヨタ自動車が社長交代の人事を発表しました。これまでトヨタと言う大きな企業を引っ張ってきた豊田章男さんが次のバトンを渡した相手は執行役員であった「佐藤恒治」さんと言う方でした。

そこで本記事では

・佐藤恒治さんの経歴は?
・社長になれた理由って?
・そもそもトヨタって豊田家以外が社長になれるの?

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

佐藤恒治のプロフィール

佐藤恒治ってどんな人?出典元:週刊プレイボーイ

生年月日:1969年10月19日(54歳)※2024年1月現在
出身地:東京都
学歴:早稲田大学理工学部機械工学科
身長: 184 cm

引用元:Wikipedia

佐藤さんは、1969年10月19日生まれの東京都出身で、早稲田大学理工学部機械工学科」を卒業後、1992年に「トヨタ自動車」に入社しました。ここまでですでにエリート街道ですね。

佐藤恒治 大学出典元:東京12大学

入社後は初代「プリウス」や「ビスタ」のサスペンション設計に携わり、その後レクサスの開発等にも関与。

初代プリウスのサスペンションを開発出典元:トヨタ自動車

2017年に常務理事に就任し、2020年にはレクサス・インターナショナルのプレジデントに、2021年にはトヨタのチーフ・ブランディング・オフィサーに就任しました。

レクサス・インターナショナルのプレジデント出典元:webCG

2023年4月にはトヨタ自動車の社長・CEOに就任し、豊田達郎氏以来30年ぶりの理系出身者となり、豊田家以外では初のエンジニア出身者の社長となりました。佐藤さんはクルマ造りに情熱を持ち、新しいモビリティの形を提案しながらもクルマの本質的な価値を守ることを目指しています。

 

スポンサーリンク

 

社長になった理由は「車好き」

出典元:読売新聞

ここまでの経歴で社長になった理由は聞くまでもないような気がしますが、社長となる決定打があったのか。調べてみました。

前社長である豊田章男氏が14年間にわたり社長を務めた後、佐藤さんに社長のバトンが渡されました。豊田氏は「トヨタの思想、技、所作を身につけようと、車作りの現場で必死に努力をしてきた人だからです。トヨタのトップにつく人は、その体現者であって欲しい」と述べ、佐藤さんを選んだ理由を説明しました。(引用元:トヨタイムズ)

佐藤恒治が社長になった理由出典元:トヨタイムズ

また、佐藤さんは「若さと車好きであるほか、トヨタの思想・技・所作を車づくりの現場で体現してきた」ことが評価されました。これらの経験と視点は、トヨタがモビリティカンパニーへのフルモデルチェンジを進める上で重要とされています。佐藤さんは昔から車好きなようで現在の愛車は「AE86」なんだとか。

さらに、佐藤さんは脱炭素社会の実現に向けて、電気自動車(EV)や水素エンジン車の開発の陣頭指揮を担ってきました。これらの経験はトヨタが新たな戦略を推進する上で重要な要素となる為、次期社長としての技量があると判断されたのかもしれません。

 

トヨタ社長交代!章男さんの息子である大輔さんが選ばれない理由とは
2023年1月26日、トヨタ自動車が社長交代の人事を発表しました。社長の交代は実に約14年ぶり。「100年に一度の大変革」と呼ばれる現在の自動車業界で常に最先端を走ってきた、日本のトップメーカーの社長が変わるということで各メディアでも大体的...

 

スポンサーリンク

 

「社長は代々豊田家一族」のルールはない

トヨタ自動車の社長は代々豊田家一族?出典元:トヨタ自動車

トヨタ自動車の社長になるには豊田家の人でなければならないという規定はありません。過去には「奥田碩」氏や「張富士夫」氏のように豊田家以外の人物が社長を務めています。

名前 就任日 血縁関係
豊田利三郎 1937年8月 あり
豊田喜一郎 1941年1月 あり
石田退三 1950年7月 あり
中川不器男 1961年8月 なし
豊田英二 1967年10月 あり
豊田章一郎 1982年7月 あり
豊田達郎 1992年9月 あり
奥田碩 1995年8月 なし
張富士夫 1999年6月 なし
10 渡辺捷昭 2005年6月 なし
11 豊田章男 2009年6月 あり
12 佐藤恒治 2023年4月 なし

参照元:Wikipedia

ただし、トヨタ自動車の歴史を見ると、豊田家出身者が社長を務めることが多いことは確かです。しかし、これは豊田家が創業家であり、その影響力が強いからであって、必ずしも豊田家出身者でなければならないというわけではないようです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

2023年1月26日、トヨタ自動車は社長交代を発表し、豊田章男氏から佐藤恒治氏へとバトンが渡されました。佐藤さんは1969年生まれの東京都出身で、早稲田大学理工学部機械工学科を卒業後、1992年にトヨタ自動車に入社。初代プリウスやビスタのサスペンション設計に携わり、レクサスの開発等にも関与。2023年4月にトヨタ自動車の社長・CEOに就任し、豊田達郎氏以来30年ぶりの理系出身者となり、豊田家以外では初のエンジニア出身者の社長となりました。

佐藤さんが社長に選ばれた理由は、彼が「トヨタの思想、技、所作を身につけようと、車作りの現場で必死に努力をしてきた人だからです」と豊田章男氏が述べたこと、そして彼が車好きであること、そしてトヨタの思想・技・所作を車づくりの現場で体現してきたことが評価されたからです。

また、トヨタ自動車の社長になるには豊田家の人でなければならないという規定はありません。過去には奥田碩氏や張富士夫氏のように豊田家以外の人物が社長を務めています。ただし、トヨタ自動車の歴史を見ると、豊田家出身者が社長を務めることが多いことは確かです。しかし、これは豊田家が創業家であり、その影響力が強いからであって、必ずしも豊田家出身者でなければならないというわけではないようです。

スポンサーリンク
自動車
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました