PR

〇〇〇万円オーバー!アリアNISMOの価格は?グレードや性能と共に紹介

アリアNISMOの価格 自動車
記事内に広告が含まれています。

2024年1月12日~14日の間に開催された「東京オートサロン2024」今年も様々なモデルが発表されたりと盛り上がりを見せました。その中でも日産のブースで発表された「アリアNISMO」に注目が集まっています。

そこで本記事では

・アリアNISMOの価格は?
・グレードや性能も気になる

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

日産「アリア」とは

アリアとは出典元:日産自動車

ご存知の方も多いかもしれませんが、価格を紹介する前にまずは日産の「アリア」について紹介しましょう。

アリアは、日産初のクロスオーバー型電気自動車(EV)で、力強い加速と圧倒的な静粛性を特徴としています。アリアは、2つのバッテリー容量と2WDとe-4ORCE(4WD)の駆動方式を組み合わせた4つのパワートレインから選択が可能。

アリアのパワートレイン出典元:日産自動車

バッテリーは66kWhで、一充電あたりの走行距離は470kmとなっています。また、最大充電電力は130kWに対応しており、充電時間は急速充電器50kW(125A)で約65分、急速充電器90kW(200A)で約45分、3kW普通充電器で約25.5時間、6kW普通充電器で約12.0時間となっています。(情報元:日産自動車公式HP)

アリアのバッテリー性能出典元:レスポンス

さらに、アリアは日産の先進的な安全技術を搭載しています。フロントカメラは前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まると警告表示とブザーで注意を喚起。

アリアフロントカメラ

出典元:日産自動車

また、オプションで利用可能なヘッドアップディスプレイは、11.5インチの大画面に車速やナビ情報、プロパイロット 2.0の設定などを投影し、視線移動を最小限に抑えて情報を確認できます。

アリアのヘッドアップディスプレイ出典元:日産自動車

また、アリアは「NISSAN ENERGY SHARE」を搭載しており、大容量のEVバッテリーを家庭への給電や余った電力を蓄えることにも利用できます。これにより、停電時などに一般家庭数日分の電力供給が可能となり、電気代の安い時間に充電すれば電気代も節約できます。

NISSAN ENERGY SHARE出典元:日産自動車

以上のように、日産アリアは先進的な電気自動車技術と安全性能を兼ね備えた、未来の移動を実現する一台と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

アリアNISMOの価格

アリアNISMOの価格は出典元:GQ JAPAN

本題のアリアNISMOの価格ですが、現状は価格未定となっています。そこでNISMOのラインナップから価格を予想してみます。

・ノートオーラ \270万
・ノートオーラ NISMO \300万

・リーフ \370万
・リーフ NISMO \460万

NISMOのラインナップにはGT-Rやスカイラインなどもありますが車格の近いこの2台としました。

リーフNISMO出典元:日産自動車

ノートオーラはベース価格に対しておよそ¥30万プラス。リーフはおよそ¥90万のプラスでした。アリアはベースが\540万スタートとリーフに比べて¥100万以上も高額な為、直接的な比較対象としては難しいですがNISMOになることで少なくとも¥100万程の追加になるのではないでしょうか。

アリア NISMO \640万(?)

ベースが\500万オーバーの為、高額なモデルになることは間違いないと思われます。

ネットでも価格が気になる人が多いようです。

 

スポンサーリンク

 

グレードは「B6」「B9」の二つ

NISMO B9 e-4ORCE NISMO B6 e-4ORCE
全長 4650mm 4650mm
全幅 1850mm 1850mm
全高 1650mm~1660mm 1655mm
ホイールベース 2775mm 2775mm
車両重量 2210kg~2220kg 2080kg
最高出力 320kW 270kW
最大トルク 600Nm 560Nm
バッテリー総電力量 91kWh 66kWh
タイヤ寸法(フロント/リア) 255/45R20 255/45R20

引用元:日産自動車

グレードは「NISMO B6 e-4ORCE」「NISMO B9 e-4ORCE」が用意されています。

アリアNISMOのグレード出典元:日産自動車

両モデルともに、最高出力がベースモデル比で約10%向上し、NISMO専用の加速チューニングが施されています。これにより、「アリア」の持つ動力性能がさらに向上。また、専用のNISMOドライビングモードではレスポンスも最大化され、EVならではの加速力をフルに発揮するためのチューニングもされています。

アリアNISMOのトルク出典元:motorsports.com

ちなみに同じ日産のスポーツカーである「GT-R」のトルクは630Nm。アリアNISMOのB9が600NmであることからほぼGT-Rと同じトルクであることが分かります。は、早い…

アリアNISMOはGT-Rと同じトルク出典元:日産自動車

さらに、本モデル専用タイヤと軽量かつ高剛性な20インチアルミホイールを装着し、シャシーを構成する各部品にもNISMO専用のチューニングを施すことで、車両の安定性と回頭性を高め、軽快でなめらかな走りを実現しています。

アリアNISMOのホイール出典元:CAR TOP

また、電動駆動の4輪制御技術にNISMO専用のチューニングを施した「NISMO tuned e-4ORCE」により、限界走行時においてもより高いライントレース性を実現し、思い通りのコーナリングが可能。

NISMO tuned e-4ORCE出典元:Motor-Fan

外観は、アリアの持つ上質なデザインに加え、NISMOらしく空気抵抗の低減とダウンフォースの向上を高い次元で両立しています。インテリアもNISMO専用シートに加えて高揚感を誘うデザインを採用しています。

アリアNISMOのインテリア出典元:autosport

NISMOのDNAが受け継がれている本モデル。電気自動車ながらもその性能は十分。発売が待ち遠しいですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「東京オートサロン2024」で発表された日産の「アリアNISMO」は、日産初のクロスオーバー型電気自動車(EV)「アリア」のスポーツモデルで、最高出力がベースモデル比で約10%向上し、NISMO専用の加速チューニングが施されています。

価格は現状未定ですが、他のNISMOモデルの価格から推測すると、少なくともベースモデルの価格に¥100万程度の追加が見込まれます。

アリアNISMOは、「NISMO B6 e-4ORCE」と「NISMO B9 e-4ORCE」の2つのグレードが用意されています。それぞれの最高出力は270kWと320kW、最大トルクは560Nmと600Nmで、特に「NISMO B9 e-4ORCE」のトルクは日産のスポーツカー「GT-R」に匹敵します。

また、アリアNISMOは、専用タイヤと軽量かつ高剛性な20インチアルミホイールを装着し、シャシーを構成する各部品にもNISMO専用のチューニングを施すことで、車両の安定性と回頭性を高めています。さらに、電動駆動の4輪制御技術にNISMO専用のチューニングを施した「NISMO tuned e-4ORCE」により、限界走行時においても高いライントレース性を実現し、思い通りのコーナリングが可能となっています。

価格は高級車ですが、ぜひ一度乗ってみたい車ですね。

スポンサーリンク
自動車
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました