PR

なぜ日テレがジブリを買収したのか?後継者問題だけじゃない3つの理由

スタジオジブリなぜ買収 企業
記事内に広告が含まれています。

2023年9月21日、「スタジオジブリ」を「日本テレビ」が子会社化することが発表されました。

そこで本記事では

・日テレはなぜジブリを買収したのか
・ネットでの声は

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

日テレがジブリを子会社化

報道によると日本テレビが「となりのトトロ」や「もののけ姫」で有名なスタジオジブリを子会社化したと発表されました。

株式を取得しスタジオジブリを経済面から援助するとの記載があります。

さらに報道では背景に後継者問題があったといいます。後継者の候補には宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗さんの名前があったようですが、本人が辞退されたとのこと。

ではなぜ結果的に日本テレビの傘下になったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

買収した理由は

ジブリを買収した理由出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/78339e0b7b2bbb814e914309c269883b9daa86b6

報道では子会社化した理由については具体的に明記されていませんでした。

そこで本記事ではあらゆる側面から理由について考察していきます。

理由① 長年の協力関係

ジブリと日テレの歴史出典元:https://tvguide.myjcom.jp/program/26/

日本テレビは、スタジオジブリの作品を長い間にわたり支援し、映画番組「金曜ロードショー」を通じてスタジオジブリ作品を放送してきました。

夏と言えば「ジブリ」と言うキャッチフレーズも「金曜ロードショー」ですね。

さらに、映画製作への出資、美術館の設立支援など、長期間の支援を行ってきています。

日本テレビは、1985年に『風の谷のナウシカ』(1984年、宮﨑駿監督)をテレビ初放映して以来、映画番組「金曜ロードショー」を通じてスタジオジブリ作品を放送し続けてきました。『魔女の宅急便』(1989年、宮﨑駿監督)からは映画製作に出資したのをはじめ、2001年に開館した『三鷹の森ジブリ美術館』の設立を支援するなど、永年にわたってスタジオジブリと歩みを共にしてきました。

引用元:https://www.ghibli.jp/info/013778/

この歴史的な協力関係から、日本テレビはスタジオジブリの価値を高く評価しており、そのブランドや作品への愛着が買収の背後にあると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

理由② ジブリの作品とブランド価値への投資

ジブリの作品とブランド価値への投資出典元:https://www.ghibli.jp/works/totoro/

日本テレビは、スタジオジブリが国内外で多くの人に愛される作品を生み出してきたことをよく理解しています。

その作品とブランド価値に対する投資を通じて、企業価値の向上を図る狙いもあるかもしれません。

報道の通り、買収によってスタジオジブリは経営面でのサポートを受けつつ、創造活動に専念することができればより良い作品が誕生することは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

 

理由③ メディアコンテンツの多様化

日テレのメディアコンテンツの多様化出典元:https://twitter.com/hulu_japan

日本テレビは、メディアコンテンツを提供する大手放送局の一つであり、スタジオジブリのアニメーション作品は高い視聴率や評価を持っています。

スタジオジブリの作品を所有することで、日本テレビは自社コンテンツの多様化を図ることができ、競争力を維持・強化できる可能性があります。

グループ傘下でもあるVOD「hulu」での取り扱いも今後あり得るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

 

スポンサーリンク

 

まとめ

日本テレビがスタジオジブリを子会社化した背後にはいくつかの理由が考えられますが、その中でも長年の協力関係やスタジオジブリの作品とブランド価値への投資、メディアコンテンツの多様化が重要な要因と考えられます。

ネット上では、期待や不安が寄せられており、ジブリ作品が今後どのように展開されるか注目されています。このような買収に対する反応は多岐にわたりますが、アニメ業界やコンテンツビジネスの未来に大きな影響を与える可能性もあることでしょう。

資金元は確保できたと思われるので次は第2、第3の宮崎駿監督が出現すればスタジオジブリも永久不滅かもしれませんね。

スポンサーリンク
企業
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました