PR

週刊文春の編集長「竹田聖」ってどんな人?実は東大出身の高学歴エリート

文春編集長のプロフィール 企業
記事内に広告が含まれています。

過激なスクープ記事や多彩な連載、名物グラビア企画などで有名な週刊文春」話題の事件、出来事、人物をピックアップし、鋭い分析を行うことが特徴です。

そんな週刊詩ですが一体どんな人が作っているのでしょうか。そこで本記事では

・編集長「竹田聖」はどんな人?
・なんで文春に就職したの?

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

竹田聖のプロフィール

竹田聖のプロフィール出典元:北日本新聞

名前:竹田聖
生年月日:不明
出身地:富山県富山市
学歴:東京大学

竹田聖さんは、富山県出身で、東京大学を卒業したジャーナリストであり、現在は週刊文春の編集長を務めています。実はかなりの高学歴!

東京大学でアメリカ文学を専攻し、その後、文藝春秋(週刊文春の会社)に入社しました。彼が編集者を志したのは、大学での柴田元幸さんのゼミにいたことと、本をよく読んでいたことが影響しているようです。

柴田元幸出典元:日本経済新聞

柴田元幸さんは現代アメリカ文学研究および翻訳の第一人者であり、独特の語り口を見事に訳すことで知られています。また、竹田さんはサッカーファンでもあり、大学時代にはサッカーサークルに所属していました。

竹田聖はサッカーファン出典元:Jリーグ

竹田さんのキャリアは、文藝春秋のスポーツ雑誌「ナンバー」の編集部から始まります。その後、週刊文春に異動し、2023年7月から編集長を務めています。割と最近なんですね。竹田さんが編集長に就任して以来、週刊文春は多くのスクープを連発し、社会的な影響力を持つ「文春砲」とも評されています。

また、竹田さんは自身が表に立って目立つことを好まず、編集者は裏方であるべきとの矜持を持っています。

——顔出しNGなんですね。「編集者は裏方」という矜持なんでしょうか。

それもあります。そもそも私が表に立って目立つことが好きじゃない、というのも大きい。記者時代は張り込みをしたり尾行したりもすることから、なるべく顔出しをしない、というのが習い性でもありました。

過去には社長宅が銃撃されたり、会社が某宗教団体に囲まれたり、色々ありましたしね。

参照元:北日本新聞

文春ともなると身に危険が迫るんですね…

 

スポンサーリンク

 

竹田聖の学生時代

竹田聖の学生時代出典元:アフロ

竹田さんは東京大学でアメリカ文学を学んでいました。それ以前の学生生活については詳細な情報がありませんでしたが、小さい頃からサッカーばかりやっていたそうです。

父親の転勤で名古屋にいたこともあったようですが、富山や名古屋などではクラブ活動に参加したりしていたのでしょうか。

サッカー好きな少年から週刊誌の編集長になった竹田さん。どのような経緯があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

文春に入社したきっかけ

竹田が文春に入社したきっかけ出典元:北日本新聞

竹田さんがサッカー選手ではなく、編集の道を志そうと思ったきっかけについてインタビューの記事がありました。

——竹田さんは東大出身ですね。そこでアメリカ文学というと翻訳で知られる柴田元幸さんのゼミですか。ミュージシャンの小沢健二さんと同じですね。

そうです。編集者を志したのは、柴田先生のゼミにいたことと、本をよく読んでいたことが影響していますね。あとサッカーファンなので、文藝春秋のスポーツ雑誌ナンバーも読んでいました。ナンバーに興味があったし、それに、米文学の本も作ってみたいと文藝春秋に入りました。

参照元:北日本新聞

小さい頃から好きだったサッカーに大学の先生の影響が加わって、雑誌編集の職に就いたようです。興味のあることを全部やろうとした結果だったんですね。

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

 

スポンサーリンク

 

まとめ

竹田聖さんは、週刊文春の編集長を務める東京大学出身のジャーナリストであり、富山県出身です。

彼は東京大学でアメリカ文学を専攻し、その後、文藝春秋に入社しました。彼はサッカーファンであり、大学時代にはサッカーサークルに所属していました。

彼が編集者を志したのは、大学での柴田元幸教授のゼミと、本をよく読んでいたことが影響しています。また、彼はサッカーファンでもあり、文藝春秋のスポーツ雑誌「ナンバー」を読んでいました。

2023年7月から週刊文春の編集長を務めています。彼の仕事は、記者や編集者が毎週会議で企画を5本提案するという厳しいものですが、彼はその中で、自分の仕事で世の中が動く面白さを体感しています。また、彼は編集者は裏方であるべきという考えを持っており、自身が表に立って目立つことを好まないと述べています。

竹田さんは、幼少期から大学まではサッカーに打ち込んでいました。大学進学のために上京した後も、サッカーサークルでサッカーを続けていました。

彼が文藝春秋に入社したのも、サッカー雑誌「ナンバー」が好きだったからで、最初の配属先は「ナンバー」の編集部でした。

スポンサーリンク
企業
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました