PR

なぜペットショップCoo&RIKUは動物の扱いがヒドい?理由は利益の為か

Coo&RIKUはなぜ動物の扱いが酷い? 企業
記事内に広告が含まれています。

2023年9月7日発行の週刊誌「週刊新潮」にてペットショップ「Coo&RIKU」の動物の扱いについての記事が掲載されました。

・ペットショップ「Coo&RIKU」ってどんな会社?
・なぜ動物にヒドい扱いをしたのか

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

ペットショップCoo&RIKUとは

ペットショップCoo&RIKUとは出典元:Coo&RIKU公式サイト

設立:2003年8月1日
本社所在地:東京都千代田区神田佐久間町3-38
代表者:大久保浩之
店舗数:178

引用元:Wikipedia

有限会社Coo&RIKUは、日本国内でペットショップ、トリミングサロン、ペットホテル、ネコカフェなどを運営する企業です。

本社は東京都千代田区に位置し、2003年に設立されました。彼らの事業内容はペット関連の多岐にわたり、特にペットショップの展開では全国178店舗を誇り全国で最も多い店舗数を持つことでも知られています。

Coo&RIKUの紹介出典元:homes

この企業の歴史は1999年に始まり、通信販売「ペットショップCoo」からスタートしました。その後、2002年に第1号店「ペットショップRIKU草加店」を開店し、着実に成長を遂げてきました。

現在、ペットショップだけでなく、トリミングサロン、ペットホテル、ネコカフェ、動物病院も運営しており、幅広いペット関連サービスを提供しています。

Coo&RIKUのトリミングサロン出典元:ペットプラス

主要な事業として、ペットの売買と仲介、ペットのレンタル、生体の輸入、ペットフードや用品の販売、ペット美容が挙げられます。また、ペットホテル、ネコカフェ、動物病院の経営も行っており、保護犬猫譲渡活動にも貢献しています。

「Coo&RIKU」は地域社会に深く根ざし、多くのペット愛好家から信頼を受けている企業です。

 

スポンサーリンク

 

内部告発の内容は

週刊新潮出典元:週刊新潮

週刊誌の内容ではペットショップ大手「Coo&RIKU」の元社員から、グループ内の繁殖場における管理状況についての内部告発がなされました。

この内部告発により、ペット産業の闇が浮かび上がり、動物愛護活動家である女優の杉本彩氏も懸念を表明しています。

杉本彩出典元:映画.com

「Coo&RIKU」は全国に216店舗を展開し、数年前から自前の繁殖場を運営しています。

元社員による証言によれば、これらの繁殖場では「生産性を上げろ」との圧力がかけられ、生産と利益追求が優先されていました。

繁殖場は不衛生な状態で、ゴキブリやネズミの大量発生が報告され、犬や猫の母体にはストレスがかかり、一部で親が子を食べてしまうという悲惨な光景もありました。

 

告発の詳細についてはコチラ

【まとめ】Coo&RIKUの動物の扱いがヒドい!残酷すぎる内部告発の詳細
2023年9月7日発行の週刊誌「週刊新潮」にてペットショップ「Coo&RIKU」の動物の扱いについての記事が掲載されました。 そこで本記事では ・内部告発の内容は? ・ネットの声は? について調査してみました。 内部告発の衝撃的な内容 【新...

 

内部資料によれば、子犬の「死亡率」が高い月で30%以上に達し、この状況は深刻です。しかしながら、現行の動物愛護法は大量生産を規制しておらず、この問題が放置されてきました。

杉本彩氏は、この問題について「動物愛護管理法に引っかからないギリギリのところでやっている」と指摘し、動物虐待としての問題を提起しました。彼女は消費者に対しても、ペットの生まれてきた環境を考えるよう呼びかけています。

動物愛護管理法出典元:環境庁

この告発に対し、「Coo&RIKU」は全面的に否定しており、議論は続いています。動物愛護と透明性が求められるなか、この問題は今後の注目を浴びるでしょう。

個人的にはビッグモーターの件よりも悪質な気がします。

【参考記事】
[デイリー新潮:元従業員が告発 ペットショップ「クーアンドリク」の「ゴキブリだらけの繁殖場」で死んでいく子犬たち 杉本彩氏は「大量生産ありきで命を軽視している」](https://news.yahoo.co.jp/articles/0e3c004fda2a7315f7cc4f6a55d45694682870e5)

 

スポンサーリンク

 

理由は利益の為か

理由は利益の為か出典元:著作者:jcomp</a>/出典:Freepik

ではなぜ大切な商品である動物たちにこんな酷い扱いを行うのでしょうか。

 

理由①利益の為

それはやはり利益の為と言うのが大きな要因だと推測されます。

Coo&RIKUには大規模な生産に焦点を当てたビジネスモデルが存在します。このモデルでは、短期間で多くの子犬や子猫を生産し、利益を最大化することが重要視され、動物の福祉は二の次となってしまうことがあります。

 

理由②法律の抜け穴

さらに、現行の動物愛護法が大量生産を規制していないため、ペット業界において規制が不足している現状も影響しています。

これにより、業界内で劣悪な繁殖環境が存在しやすくなります。

 

理由③社員への圧力

また、報道によれば、生産性を上げるための圧力や達成率に応じた特別報酬が存在し、従業員に対して生産性向上が強制されていたとされています。このような状況下では、動物たちの健康や福祉が犠牲にされる可能性が高まります。

 

繁殖場内での不衛生な環境、過度な交配なども問題視されており、これらの要因が組み合わさって、「Coo&RIKU」の動物に対する扱いが酷くなっていると考えられています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「Coo&RIKU」はペット業界で多くの店舗を展開し、地域社会に貢献する企業として知られています。

一方で、内部告発による動物の扱いに関する懸念が存在し、これについての調査と解決が求められています。

ネット上ではCoo&RIKUに関する議論が広がっており、動物愛好家や一般の人々からの関心が高まっています。

本当の事であればとても許すことのできない出来事です。

スポンサーリンク
企業
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました