PR

エアージャパンとANAの違いは?設備やサービスだけじゃない5つのポイントで紹介

エアージャパンとANAの違いは? 企業
記事内に広告が含まれています。

2024年2月9日より就航する新航空ブランド「エアージャパン」ANAが展開する新規事業という事で注目が集まっています。初便はすでに完売と早くも人気となっているもよう。ANAと言えばLCC(格安航空会社)の「ピーチ」も既にあり、それらとの差別化も気になるところです。

そこで本記事では

・エアージャパンとANAって何が違うの?
・エアージャパンってどんな航空会社?

について調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

エアージャパンとはどんな会社?

エアージャパンとは?出典元:産経ニュース

エアージャパン(Air Japan)は、ANAグループの一員である航空会社です。その始まりは意外と古く、1990年「ワールドエアーネットワーク株式会社」として設立。国際線チャーター便を運航するエアラインとして創業し、2000年に社名を「エアージャパン」に変更しました。

ワールドエアーネットワーク株式会社出典元:FlyTeam

現在では、ANAグループ航空運送事業において国際線事業を担うANAホールディングス株式会社の100%出資の子会社であり、千葉県成田市に本社を置いています。

エアージャパン本社出典元:Wikipedia

2024年2月からの新たなブランド「エアージャパン」は、ANAブランドと同じ安全・運航基準で運航しながら、日本ならではの上質なサービスを提供することを目指しています。

 

スポンサーリンク

 

ANAと何が違うのか

ANAとエアージャパンの違い出典元:YouTube

エアージャパンは、ANA(全日本空輸)グループの一員として、ANAブランドの下で短・中距離国際線の運航を担ってきました。そして今回エアージャパンはANAグループ内で新たな位置づけを得て、国際線の新ブランド「エアージャパン」としてリブランドされることになりました。ここからはANAとの違いについてポイントごとに見ていきます。

 

①ブランド

エアージャパンのブランド的立ち位置出典元:読売新聞

エアージャパンは、フルサービスキャリア(FSC)と低コストキャリア(LCC)の中間に位置する新しいブランドとして設定されています。これは、ANAの従来のFSCモデルとは異なる、新しいビジネスモデルの導入となります。

 

②サービス

エアージャパンの座席出典元:トラベルボイス

エアージャパンは全席エコノミークラスで、シート前の足元の広さ(シートピッチ)はFSCのエコノミークラスと同等の32インチ(約81cm)を提供しますが、上位クラスは設けません。また、機内食は有料で、事前予約メニューや機内注文メニューを提供します。さらに、シートモニターを設置せず、乗客は自身のスマートフォンやタブレットでWi-Fi経由で機内エンターテイメントを楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

 

③飛行機

エアージャパンの使用機体はボーイング787-8出典元:ANA

使用機材はボーイング787-8で、全席エコノミークラス(324席)仕様です。これは、ANAの従来の国際線運航とは異なる機材の使用方法です。

 

④サステナビリティ

エアージャパンのサステナビリティ出典元:ANA

エアージャパンはサステナブルな制服や機材の使用にも注力しています。カーペットは再生ナイロン、制服は、日本の伝統である「結び」「重ね」をデザインに取り入れ、企画段階から現役の客室乗務員が関わっています。

 

⑤ターゲット

エアージャパンのターゲット市場出典元:著作者:jcomp</a>/出典:Freepik

エアージャパンは、特にアジアからのインバウンド需要に注力し、成田を拠点としてまずは東南アジア路線に就航する予定です。中期的には、2025年の大阪・関西万博を見据えて、関西国際空港にも就航する計画があるようです。

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

 

スポンサーリンク

 

まとめ

エアージャパンは、ANAグループの一員で、1990年に設立された航空会社です。2024年2月9日から新たなブランド「エアージャパン」の運航を開始し、ANAブランドと同じ安全・運航基準で運航しながら、日本ならではの上質なサービスを提供することを目指しています。

エアージャパンとANAの主な違いは、ブランドポジショニング、サービス提供、機材の使用方法、サステナビリティへの取り組み、およびターゲット市場にあります。エアージャパンは、フルサービスキャリア(FSC)と低コストキャリア(LCC)の中間に位置する新しいブランドとして設定されています。全席エコノミークラスで、シートピッチはFSCのエコノミークラスと同等の32インチ(約81cm)を提供しますが、上位クラスは設けません。また、機内食は有料で、事前予約メニューや機内注文メニューを提供します。さらに、シートモニターを設置せず、乗客は自身のスマートフォンやタブレットでWi-Fi経由で機内エンターテイメントを楽しむことができます。

使用機材はボーイング787-8で、全席エコノミークラス(324席)仕様です。これは、ANAの従来の国際線運航とは異なる機材の使用方法です。エアージャパンは、サステナブルな制服や機材の使用にも注力しています。制服は、日本の伝統である「結び」「重ね」をデザインに取り入れ、企画段階から現役の客室乗務員が関わっています。

エアージャパンは、特にアジアからのインバウンド需要に注力し、成田を拠点としてまずは東南アジア路線に就航する予定です。中期的には、2025年の大阪・関西万博を見据えて、関西国際空港にも就航する計画があります。

スポンサーリンク
企業
スポンサーリンク
yumaをフォローする
最新ニュースとカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました